朝起きられるようになるには~不眠に有効な成分~

睡眠は精神面と身体に深くつながっています。
精神面が不安定だと身体はすぐその刺激に反応して睡眠に影響を及ぼします。

不眠に効果のあるL-テアニンが配合されているキリツテインがお薦めです。
キリツテインのサイトを見る

睡眠障害を解消する方法~メラトニンについて~

概日リズム障害や不眠症などの睡眠障害の原因のひとつとしてメラトニンが関係していると言われています。

メラトニンとは、覚醒と睡眠を切り替える作用や、自然な眠りを誘う働きをする睡眠ホルモンです。
メラトニンは光を浴びると、脳の中の体内時計が進み身体が活動状態に切り替わります。
目覚めてから12時間くらい経過すると体内時計が再び切り替わり、休息に適した状態に変わり眠気を感じるになるという仕組みです。

寝る前にスマホは見ない

よく、スマホやタブレットを夜に見るのがダメだと言われているのは
夜中に強い光(ブルーライト)を浴びると体内時計が乱れてメラトニンの分泌が抑えられるからです。スマホやタブレットなどの強い光によって、睡眠のリズムが崩れる原因となります。
YoutubeやSNS等娯楽が多い現代では、何かとスマホに依存しがちですが
寝る数時間前には、出来るだけスマホやタブレット、パソコンを見るのは止めましょう。

睡眠を誘う神経伝達物質

またセロトニンというメラトニンの材料となる物質があり、セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質です。
セロトニンは不足すると気分が滅入ったり、暴力的になったり、鬱っぽくなったりします。不登校のお子さんは太陽を浴びる機会が減るので
セロトニンが不足し、それが不眠につながる可能性があります。

そして、このセロトニンの原料となるのがトリプトファンという物質です。
トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、主に食品のたんぱく質に含まれ、体内に入って脳に運ばれるとセロトニンに変化します。
そしてセロトニンは夜になると「睡眠ホルモン」であるメラトニンに変化して眠気を誘導します。

このように睡眠不足解消の基本として

トリプトファンセロトニンメラトニンという流れが重要です。

睡眠障害改善サプリメント

最近は、不眠症の治療としてメラトニンをサプリメントとして取り入れることで
故障した体内時計に働きかけ、不眠症や、概日リズム障害等の症状の改善の助けになっていると言われています。

メラトニンの他にも、必須アミノ酸を含むセロトニンなどの食事だけでは補えない方や、食事として摂っても改善されない方は
睡眠サプリを試してみることもおすすめします。

リラックス効果が期待できるL-テアニン

体内時計を調整するメラトニンの他にも、身体の緊張状態をほぐしてリラックスするL-テアニンという成分も不眠の症状改善に期待ができます。
L-テアニンはアミノ酸の一種で、精神をリラックスする効果があります。
緑茶やウーロン茶等のお茶に多く含まれていて、お茶以外の食品には含まれていません。

L-テアニンは主に脳の興奮を抑えて沈静化する作用があり、お茶を飲んで気持ちがホッとするのは、L-テアニンの効果だとされています。
就寝前にL-テアニンを摂取することで副交感神経が働き、寝つきがよくなったり、夜中起きることがなくなった等の改善に効果が期待できます。

睡眠サプリ「キリツテイン」にはリラックス効果のある「L-テアニン」が220mg含まれています。
同じく「L-テアニン」が含まれているお茶でも同様のリラックス効果はありますが、お茶には覚醒効果のある「カフェイン」が含まれているため、不眠改善にはお薦めできません。

「キリツテイン」には「L-テアニン」が含まれている他にも、より良い睡眠改善を図るために

鉄分不足を解消する、ヘム鉄
疲労回復を促進する、高麗人参
うつ状態を緩和する、亜鉛

が含まれています。

リラックス効果と睡眠の質を高めてくれる「L-テアニン」と、そのサポートとして睡眠のめぐりを良くする成分がキリツテインには含まれているので
寝付きの悪い夜・朝、目覚めが悪い方は、お手軽にサプリメントとして摂取できる「キリツテイン」を利用してみるのも1つの手段です。

睡眠の質を高め睡眠のめぐりを良くする「キリツテイン」はこちら

キリツテイン