【不登校】睡眠障害で悩む子供に対してどう接するべきか?

不登校の子供の多くに「朝、起きられない」などの睡眠障害が見られるのは何故でしょうか?
原因のほとんどは心因性のものが多く見られます。

思春期の子供は人生の中でも最も多感な時期で、学業の進路や友人関係、クラスの行事、部活動などめまぐるしい学校生活を送っています。
特に現代社会ではスマホやYouTubeなどの娯楽による誘惑も多く、夜にきちんと就寝するのが難しくなっているのかもしれません。
そのような環境の中で、友人関係によるいじめや学業についていけなくなると、学校に行きにくくなるというような悪循環になってしまいがちです。
心のなかでは「学校に行かなくちゃいけない」という気持ちになっても、それが心の負担になり、不眠が悪化して朝起きることが困難になって不登校の最初のきっかけになることが多いです。
学校以外でも家族関係に問題がある場合や、ちゃんとした理由もない場合もあるでしょう。

このように不登校の原因は家庭環境や様々な要因と原因が小さな事柄によって複雑に絡まり成り立っていることがわかります。

不登校の子供に対しての親の対応

不登校や睡眠障害を持った子供に対して、大人はどういう風に接するべきなのでしょうか
重要なのは、行けなくなった原因よりも学校へ行けない自分自身に対して、子供は罪悪感を感じたり、プレッシャーを感じて自分を責める子がたくさんいるということです。

両親としては朝起きられない事や、学校にいけないことが、怠慢やサボっているのではないかと疑ってしまう事が多いと思います。
それを理由に、子供に学校にいくことを強要して厳しく責めたりしないでください。
朝起きることができない、学校に行けない罪悪感を何より一番に感じているのは、子供本人だからです。
遊びで夜更かしをしている」のではなく、「眠れないから夜更かしをしている」のかもしれません。
その違いを見極める必要があります。

もしも、子供が学校に行けない理由、行かない理由がちゃんと特定しているのならば、大人はその問題を解決できるように子供と一緒に考える必要があります。
大人側も「朝起きることが普通」・「学校へ行くことが社会のルール」という気持ちを子供に強く押し付けず、子供の気持ちを理解して接してみることが重要です。
叱咤激励という名の強要をすることで、自責の念から悪循環に陥り、不眠や朝起きられないことが困難になるケースが多いのです。

不眠症が悪化しないうちにできること

子供の不眠(睡眠障害)が悪化して学校に行けなくなる前に、できることはないのでしょうか?

もしもお子さんに悩み事があったり疲れが溜まっているようなら、悩みをきいてあげたり、好きなことをさせてあげましょう。
夜に寝付きが悪くて眠れないときが続く場合は、携帯やスマホを見る時間を控えて、適度な運動を取り入れると気持ちもスッキリして寝付きが良くなります。
また、眠れないことについて具体的な症状があるならば、不眠で片付けるのではなく睡眠障害を疑って病院へ受信しても良いかもしれません。

まずは睡眠改善効果のあるサプリから試してみる

自分の子供が(若しくは自分自身が)睡眠障害ではないかと心当たりがあって、病院へ行くことに抵抗があるならば
まずはサプリから試してみることをおすすめします。
現在は、睡眠に有効な成分が摂れるサプリメントも数多く販売されています。睡眠サプリの「キリツテイン」もその1つで
睡眠の質を良くすると言われているL-テアニンが220mg配合されています。


L-テアニンが220mg配合の【キリツテイン】
キリツテインのサイトを見る

L-テアニンとは?

L-テアニンは玉露などのお茶に含まれているアミノ酸の一種で、身体の緊張を解いて「リラックスさせる」効果があると言われています。
実際にL-テアニンを摂取した時の脳波は、リラックスした時にしか出ないアルファ波が確認されていたと実験で明らかになっています。
お茶を飲んで気持ちがホッとしたりするのは、この「L-テアニン」の作用だったんですね。

人間の身体は、リラックスした状態になると、副交感神経を優位にさせて眠気を呼び起こします。
L-テアニンはリラックスさせる効果だけではなく、身体の倦怠感やだるさを軽減してくれる効果もあります。
医学誌の日本生理人類学誌では、L-テアニンは1日200mg摂取することが望ましいとされています。「キリツテイン」は一回で200mg以上摂取することができ、お茶では一杯あたり35mgしか摂取できないためどちらが効率的かは明らかです。
ちょっと気持ちが高ぶっていて眠れないという時や、不安で寝付けないというお子さんがいらしたら「キリツテイン」がおすすめです。

眠れない子供に対しての対応・最後に

不登校の子供に対しての対応で陥りがちなケースなのが、子供に学校生活を強要はしないが、特段不眠の対策や治療もさせず、言い方を変えると、子供をほったらかしにして昼夜逆転した生活を送らせた結果、睡眠障害が悪化してしまうというケースです。

学校登校を強要しないのびのび好きにさせる自堕落な生活をさせる ということではありません。

かといって、睡眠障害が治る不登校が改善する
と直結するわけではありませんし、登下校をさせるさせないかということは別にしても、寝つきが悪かったり不眠の症状が子供に見られた場合は今後の生活のためにも改善する必要があります。

まずは心身ともにストレスから解放させる努力をして、具体的な睡眠障害について思い当たる症状が見られたら、専門外来のある病院へ受診したり
こちらで解説したキリツテインを服用して不眠を改善して爽やかな朝を迎えましょう。

スッキリした朝を迎えられる「キリツテイン」はこちら
キリツテイン