不登校を解決させるためには?

「不登校」という言葉は、昔は「登校拒否」と呼ばれていました。
一般的に不登校とは、病気やケガ、経済的事情以外の理由で長期間学校を休み続ける状態のことをいいます。
学校に行けない状態、つまり不登校が続き十分な支援が受けられない期間が続くと学力低下や進路問題だけではなく、子供本人にとっても、自己肯定感の低下や健康状態の悪化などで、将来的な自立を妨げる可能性があります。

キリツテインの公式サイトを見る

不登校になりやすい子供の特徴

「不登校」になる子どもは、往々にして何か特徴があるのでしょうか?
文部科学省では「不登校は子どもになにか問題があって起こるのではなく、誰しも起こり得る」という認識を示しています。

しかし、不登校になった子どもたちの共通の特徴として以下が挙げられることが多いようです。

  • 非協力的・自己中心的
  • 内向的でおとなしい、社交的ではない
  • 決断力が弱く、自主性が無い
  • 忍耐力がない
  • 友人関係の希薄
  • 親の手がかからない子ども

等ですが、とはいえ、上に挙げた特徴をもった子どもたちは元々このような特徴や性質をもっていたのではなく、学校環境や家庭環境、人間関係などの様々な要因や社会的な背景によって、そうなるに至ったとも考えられます
それこそ『誰しも起こりえる』ということなのです。

そして、不登校の子どもの多くが抱えている『不眠』もまた、様々な環境がきっかけとなり生まれた症状になるのではないでしょうか。

朝起きられない悩みにはキリツテインで解決

不登校を解決させるためには~不眠との関係~

不登校の子供の約3人の1人は睡眠などの生活リズムが崩れ、不眠に悩まされているといわれています。

最初は普通に朝起きて投稿していた子供たちも、学校に行くのが辛くなったり朝起きる事がプレッシャーとなっているのは、日々忙しなく変化していく生活やそういった環境下が要因となっているのではないでしょうか?

ストレスのはけ口が無くそれが不登校の原因に?

不登校になった子どもたちの特徴で「大人しい・手がかからない子供」が多いといわれていますが、大人しい子ほど、どうやってストレスを発散していいかわからなかったり、ストレスやプレッシャーをため込みやすいため、その反動で夜遅くまで起きたり不規則な生活に陥りやすいのだと考えられます。

またそういったことで精神が不安定になると、食欲が減って栄養不足に陥りパワーが減って外に出る時間が減ったり、うつ病にまで発展する可能性もあるのです。
このことから、親御さんたちは、子どもが学校に行けなくなって無理やり学校に行かせることよりも、まずはせめて規則正しい生活に戻すことを先決させてあげてください。

L-テアニンの力でストレス解消

子どもが学校を休んで生活リズムが崩れて不規則な生活を送ってしまっても、それはただ怠けているとは一概にはいえません。
子どもにとって親の存在は怖いです。心の中では「学校を休んで親を困らせてしまった」とプレッシャーを感じているのに、なかなか生活リズムを治せなくてまた落ち込む…というような悪循環にはまってしまう事も多くあります。

そんな時は、親御さんは「休みことを許可」してあげてください。
しかしそうしてしまうと「甘やかせてずっと休ませてしまうのでは?」と不安に思うかもしれません。
そうではなく「体調を整えて、学校に行けるようになるまで休んでいいよ」という風な、一時的な許可を下す事が重要です。

それだけでも、子どもにとって「朝起きなければいけない」「学校に行かなくてはいけない」というようなプレッシャーから、そこで初めて解放されます。
一時的な休みを許可して、気を休ませてあげてください。体調を整えると、次第に朝起きられるようになっているはずです。

生活リズムの崩れや不眠を解決するには?


生活リズムが崩れてしまうと治すのはなかなか時間がかかります。
思春期の子供にとって、成長期に生活リズムが崩れてしまうと後々将来にも響く可能性が高いです。
生活リズムを戻し、不規則な生活を解決するにはどうすればいいのでしょうか?

『寝つきが悪い』『朝起きられない』にはL-テアニンが効く

朝日を浴びる

人間には体内時計があります。体内時計は、太陽の光に脳が反応して神経に作用することで、起きる準備を開始します。
眠りから覚めるホルモンなどが分泌され、活動を開始します。
それとは反対に、太陽が沈んで夜になると眠りを促す作用が脳で作られて眠気を誘引します。

しかし朝日を浴びないことが増えると体内時計が狂いやすくなり、夜は眠くないのに、朝起きるのが辛いという『昼夜逆転』が起こります。
朝は眠いのに、夜は目が冴えて眠れない…という人は、なるべく朝はカーテンを開けて朝日を浴びたり、夜はパソコンやテレビなどを控えて寝床に入るなどの対策がおススメです。

寝る前のスマートフォンの使用を控える

昨今スマートフォンの利用が一般的になっていますが、夜寝る前のスマホの利用は睡眠に悪いと言われています。
なぜなら、スマートフォンの明かり(ブルーライト)によって目が冴えて眠れなくなりやすいからです。
上記のとおり人間には体内時計があります。強い光を浴びると、脳が朝だと勘違いして目を覚ますホルモンが分泌されて眠れなくなってしまうというわけです。
寝る前にはスマートフォンの利用をなるべく避けて、寝る前はキャンドルやアロマなどを炊いてリラックスできる空間でゆっくりして、眠りにつくことをお勧めします。

睡眠に良い成分のサプリを取る!

日中はできるだけ太陽の光を浴びて、夜は早めに寝かせるようにすると生活リズムが徐々に整い、また朝起きられるようになるでしょう。
しかし、それだけでは不安だという方、『イライラして眠れない』『考え事して眠れない…』というようなストレスが原因の不眠には、リラックス効果のある食べ物やサプリメントを利用してみるといいかもしれません。

睡眠サプリ『キリツテイン』には、服用するとL-テアニンという成分が働き、ストレスを軽減してくれる効果があります。
L-テアニンはお茶に含まれるリラックス効果のある成分で、日々のプレッシャーやストレスなどの手助けになってくれます。
→キリツテインの詳細はコチラ

他にも睡眠に効果のあるホットミルクやカモミールティーなどもおすすめです。
不眠や不規則な生活を解決させるためには、食事をちゃんととることも大事なので、しっかり栄養を補給してゆっくり養生してください。

最後に

昨今は学校に行けなくても、フリースクールや通信制高校などの選択肢などがあります。
進級について不安に感じている方は教育委員会によって運営されている児童相談所を利用してみるといいでしょう。
子どもが不登校になり、気持ち的にも落ち込んでいてどうしたらいいかわからない…という方は、まずはそういった機関を利用してアドバイスを聞き、小さなことでもいいので目標を立てる事で、解決の道が見つかってくるかもしれません。
参考になれば幸いです。

【キリツテイン】の詳細はコチラ 
キリツテイン