不登校、睡眠障害

不登校を解決させるためには?

「不登校」という言葉は、昔は「登校拒否」と呼ばれていました。
一般的に不登校とは、病気やケガ、経済的事情以外の理由で長期間学校を休み続ける状態のことをいいます。
学校に行けない状態、つまり不登校が続き十分な支援が受けられない期間が続くと学力低下や進路問題だけではなく、子供本人にとっても、自己肯定感の低下や健康状態の悪化などで、将来的な自立を妨げる可能性があります。

キリツテインの公式サイトを見る

不登校になりやすい子供の特徴

「不登校」になる子どもは、往々にして何か特徴があるのでしょうか?
文部科学省では「不登校は子どもになにか問題があって起こるのではなく、誰しも起こり得る」という認識を示しています。

しかし、不登校になった子どもたちの共通の特徴として以下が挙げられることが多いようです。

  • 非協力的・自己中心的
  • 内向的でおとなしい、社交的ではない
  • 決断力が弱く、自主性が無い
  • 忍耐力がない
  • 友人関係の希薄
  • 親の手がかからない子ども

等ですが、とはいえ、上に挙げた特徴をもった子どもたちは元々このような特徴や性質をもっていたのではなく、学校環境や家庭環境、人間関係などの様々な要因や社会的な背景によって、そうなるに至ったとも考えられます
それこそ『誰しも起こりえる』ということなのです。

そして、不登校の子どもの多くが抱えている『不眠』もまた、様々な環境がきっかけとなり生まれた症状になるのではないでしょうか。

朝起きられない悩みにはキリツテインで解決

不登校を解決させるためには~不眠との関係~

不登校の子供の約3人の1人は睡眠などの生活リズムが崩れ、不眠に悩まされているといわれています。

最初は普通に朝起きて投稿していた子供たちも、学校に行くのが辛くなったり朝起きる事がプレッシャーとなっているのは、日々忙しなく変化していく生活やそういった環境下が要因となっているのではないでしょうか?

ストレスのはけ口が無くそれが不登校の原因に?

不登校になった子どもたちの特徴で「大人しい・手がかからない子供」が多いといわれていますが、大人しい子ほど、どうやってストレスを発散していいかわからなかったり、ストレスやプレッシャーをため込みやすいため、その反動で夜遅くまで起きたり不規則な生活に陥りやすいのだと考えられます。

またそういったことで精神が不安定になると、食欲が減って栄養不足に陥りパワーが減って外に出る時間が減ったり、うつ病にまで発展する可能性もあるのです。
このことから、親御さんたちは、子どもが学校に行けなくなって無理やり学校に行かせることよりも、まずはせめて規則正しい生活に戻すことを先決させてあげてください。

L-テアニンの力でストレス解消

子どもが学校を休んで生活リズムが崩れて不規則な生活を送ってしまっても、それはただ怠けているとは一概にはいえません。
子どもにとって親の存在は怖いです。心の中では「学校を休んで親を困らせてしまった」とプレッシャーを感じているのに、なかなか生活リズムを治せなくてまた落ち込む…というような悪循環にはまってしまう事も多くあります。

そんな時は、親御さんは「休みことを許可」してあげてください。
しかしそうしてしまうと「甘やかせてずっと休ませてしまうのでは?」と不安に思うかもしれません。
そうではなく「体調を整えて、学校に行けるようになるまで休んでいいよ」という風な、一時的な許可を下す事が重要です。

それだけでも、子どもにとって「朝起きなければいけない」「学校に行かなくてはいけない」というようなプレッシャーから、そこで初めて解放されます。
一時的な休みを許可して、気を休ませてあげてください。体調を整えると、次第に朝起きられるようになっているはずです。

生活リズムの崩れや不眠を解決するには?


生活リズムが崩れてしまうと治すのはなかなか時間がかかります。
思春期の子供にとって、成長期に生活リズムが崩れてしまうと後々将来にも響く可能性が高いです。
生活リズムを戻し、不規則な生活を解決するにはどうすればいいのでしょうか?

『寝つきが悪い』『朝起きられない』にはL-テアニンが効く

朝日を浴びる

人間には体内時計があります。体内時計は、太陽の光に脳が反応して神経に作用することで、起きる準備を開始します。
眠りから覚めるホルモンなどが分泌され、活動を開始します。
それとは反対に、太陽が沈んで夜になると眠りを促す作用が脳で作られて眠気を誘引します。

しかし朝日を浴びないことが増えると体内時計が狂いやすくなり、夜は眠くないのに、朝起きるのが辛いという『昼夜逆転』が起こります。
朝は眠いのに、夜は目が冴えて眠れない…という人は、なるべく朝はカーテンを開けて朝日を浴びたり、夜はパソコンやテレビなどを控えて寝床に入るなどの対策がおススメです。

寝る前のスマートフォンの使用を控える

昨今スマートフォンの利用が一般的になっていますが、夜寝る前のスマホの利用は睡眠に悪いと言われています。
なぜなら、スマートフォンの明かり(ブルーライト)によって目が冴えて眠れなくなりやすいからです。
上記のとおり人間には体内時計があります。強い光を浴びると、脳が朝だと勘違いして目を覚ますホルモンが分泌されて眠れなくなってしまうというわけです。
寝る前にはスマートフォンの利用をなるべく避けて、寝る前はキャンドルやアロマなどを炊いてリラックスできる空間でゆっくりして、眠りにつくことをお勧めします。

睡眠に良い成分のサプリを取る!

日中はできるだけ太陽の光を浴びて、夜は早めに寝かせるようにすると生活リズムが徐々に整い、また朝起きられるようになるでしょう。
しかし、それだけでは不安だという方、『イライラして眠れない』『考え事して眠れない…』というようなストレスが原因の不眠には、リラックス効果のある食べ物やサプリメントを利用してみるといいかもしれません。

睡眠サプリ『キリツテイン』には、服用するとL-テアニンという成分が働き、ストレスを軽減してくれる効果があります。
L-テアニンはお茶に含まれるリラックス効果のある成分で、日々のプレッシャーやストレスなどの手助けになってくれます。
→キリツテインの詳細はコチラ

他にも睡眠に効果のあるホットミルクやカモミールティーなどもおすすめです。
不眠や不規則な生活を解決させるためには、食事をちゃんととることも大事なので、しっかり栄養を補給してゆっくり養生してください。

最後に

昨今は学校に行けなくても、フリースクールや通信制高校などの選択肢などがあります。
進級について不安に感じている方は教育委員会によって運営されている児童相談所を利用してみるといいでしょう。
子どもが不登校になり、気持ち的にも落ち込んでいてどうしたらいいかわからない…という方は、まずはそういった機関を利用してアドバイスを聞き、小さなことでもいいので目標を立てる事で、解決の道が見つかってくるかもしれません。
参考になれば幸いです。

【キリツテイン】の詳細はコチラ 
キリツテイン

【体験談】キリツテインの効果は?購入方法は?

キリツテインは効果がでるまでどれくらい?

公式サイトの口コミでは「2週間で効果が出た」と書かれていました。

効果が出るのが早い人だと2週間ほどでキリツテインの効能を実感できるようです。
キリツテインは睡眠薬ではなくサプリメントなので、即効性というよりも穏やかに効いていくようですから、服用を続けることが肝心のようです。

また、生活習慣を改善するために意識して就寝時間を変えたり、寝る前にはスマホやネットサーフィンを控えたりする等のちょっとした習慣を変える事で、効果が高まる可能性があります。
なぜスマホやネットサーフィンが睡眠に悪影響を及ぼすかは下記の記事をご覧ください。
朝起きられるようになるには~不眠に有効な成分~

なるべく日頃からストレスをためない生活を心がけることで、身体や精神の緊張が減ってキリツテインも効きやすいのだと思います。

私の体験談

キリツテインを飲み始めてから数日は、特に変化は感じる事はありませんでした。
公式サイトの口コミにも2週間で効果が出たと書いていたこともあり、継続して服用しないと効果が出ないのだろうと思っていたので、そのまま飲み続ける事にしました。

***

一週間を過ぎたあたりから、夜寝る時すぐ入眠できることに気が付きました。布団に入ったらいつの間にか眠っているような感覚で
今までは、途中でパッと起きたり、寝つきが悪かったのですが、一度眠ると朝まで熟睡できるようになった気がします。
そういえば、キリツテインを飲み始めてからだな、と気づいて、服用を継続しようと思いました。

***

寝つきがよくなって実感したのが、日中頭がハッキリしていること、身体の疲労感が軽減、集中力のアップしたことや、なにより不安感やストレスが軽減したことによりへこたれなくなったような気がしました。
キリツテインを飲みはじめてから一ヶ月。毎日ぐっすりと眠れて、朝起きるのが楽に感じるようになりました。
早く布団に入ったり、夜スマホを見る事を控えたりなどの生活習慣を改善したのもよかったと思います。

***

そのまま飲み続けていると、当初の頃よりも元気になって、朝ちゃんと起きられるようになりました。
よく睡眠不足が不足すると、睡眠負債が溜まって心身に影響を及ぼすといいますが、キリツテインを飲み続けたことで、毎日熟睡できたことでストレスの軽減・疲労回復・集中力が向上し身体が楽になったので睡眠の重要さを実感できました。
改めて、子供にとって眠ることの大切さを身をもって体感したので、睡眠で悩む子供のためにも早急に改善させてあげることが大事だと思いました。


【キリツテイン】を飲んで自分も爽やかな朝を体験

キリツテインの購入方法

キリツテインを購入したい場合はどこで手に入れることができるのでしょうか?

キリツテインは、アマゾンや楽天などの通販サイトには販売されておらず、公式サイトから購入することができます。

公式サイトでは単品購入と定期的に継続して購入する2パターンがあって、継続購入コースは三種類のプランがあります。

  • 単品…7000円(税抜)+送料600円
  • 完全朝方コース(9ヶ月)…3500円(税抜)50%OFF
  • 徹底朝方コース(6ヶ月)…4900円(税抜)30%OFF
  • 集中朝方コース(3ヶ月)コース…6300円(税抜)10%OFF

※継続コースの価格は1袋当たりの価格です。

単品では7000円+送料600円という形で、他3プランの継続購入を選ぶと送料無料となります。一番人気のプランは完全朝方(9ヶ月継続購入)コースで通常価格で買うよりも50%OFFとなっています。
「ちょっと高くて手が出せないかも…」という方は「30日間の全額返金保証」という制度が新しくついたので、試しやすくなりました。

30日間の全額返金保証」は、3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月の継続コースのどれかを申し込んだ際に、30日以内であれば全額返金や会員解約することができる制度となっています。
キリツテインの購入を迷っている方は、「30日間の全額返金保証」を利用してみてもいいと思います。

【キリツテイン】の購入詳細はコチラ 
キリツテイン

キリツテインは起立性調節障害に効果アリ?

起立性調節障害について

不登校で悩んでいる子供や女性に多く発症している病気の一つに「起立性調節障害」という疾患があります。

 朝起きられない、夜なかなか寝付けない
 立ちくらみ・立っていると気分が悪くなる
 食欲がない
 イライラする・集中力が低下した
 午前中は元気がないが午後や夕方から調子がよくなる
 寝ても疲れがとれない
 乗り物に酔いやすい

以上に当てはまるという方は、起立性調節障害の可能性があります。
起立性調節障害は、思春期の子供に起こりやすい病気の一つで、全体の40%と大変多い疾患です。
起立性調節障害の子供は朝起きることが困難で、夕方になって元気になり、夜になると寝付けないというケースが多く、不登校の生徒に多く見られます。
心当たりのある方は専門の病院へ受診してみたり、まだ軽い症状であるならば自宅でセルフケアをしてみてください。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害は睡眠障害の一つで、不登校の子供だけではなく大人にも増加していると言われています。
起立性調節障害は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、血圧や心拍数をうまくコントロールできなくなる状態になっています。
こうした睡眠障害の原因は生活習慣の乱れやストレスや栄養不足など要因は個人によって様々ですが、起立性調節障害を発症したからといって頻繁に病院へ通院しながら治療していくのは困難です。
かといって放っておくと、ほかの睡眠障害、過敏性腸症候群、うつ病などを引き起こす恐れもあり、

また、自身が睡眠障害だと自覚しておらず周りから、「怠けている」「起きられないのは気合が足りない」と言われて
自分は弱い人間だと思い込みがちですが、自力で起きられなかったり、朝起きる事が苦痛なくらい辛いのは怠けているのではなく病気です。

身体の不調のことを理解して朝起きられない原因と対策を知ることで、病院へ通院することが困難でも生活習慣を見直したり、自宅でセルフケアをすることで症状が軽減していくことがあります。
特にまだ成長中の子供は、今のうちに生活を見直したり身体に不足している栄養を補うことで、日常生活に支障がないほどに回復する可能性があります。

朝起きられないことに悩んでいる子供には、セルフケアの一環として睡眠障害を改善するのに効果的な成分「L-テアニン」が配合されているサプリメント「キリツテイン」がおすすめです。


注目の成分L-テアニン配合の【キリツテイン】

キリツテインに配合されているL-テアニンって?

「L-テアニン」は医学雑誌にも睡眠に効果のある成分だと紹介されています。
L-テアニンはアミノ酸の一種で、摂取するとリラックス効果、ストレス・イライラの抑制、睡眠の質向上、気分改善等の効果のほかにも
「L-テアニン」は過剰摂取しても副作用をすることがないため、安心して服用することができます。

主にお茶や一部のきのこでしか摂れない「L-テアニン」ですが、「キリツテイン」には一回の摂取量の4粒あたり「L-テアニン」が220mgも含まれています。
不眠や睡眠障害で悩む人のL-テアニンの推奨摂取量は200mg といわれていますが 
お茶などで摂取する場合は一杯あたり36mgほどしか取れないので、サプリで摂取したほうが効率的にL-テアニンを服用することができます。

キリツテインに含まれている成分について

キリツテインは、L-テアニンの他にも不眠や起立性調節障害に有効な成分が含まれています。

L-テアニンの中でも高品質なサンテアニン

特許技術により高純度のテアニンの大量生産に成功した「サンテアニン」がキリツテインには配合されています。
「サンテアニン」は2009年に日本農芸化学技術賞を受賞しており、米国食品医薬品局から安全な食品として認められた成分です。
キリツテインに配合されているL-テアニンは高品質なサンテアニンなので、より効果の高い効能を期待できます。

鉄分不足にヘム鉄

キリツテインには鉄分不足を補うヘム鉄も配合されています。
貧血は、血液中のヘモグロビンが低下し血の巡りが悪くなることで朝、起きるのが辛くなることがありますが、ヘム鉄は体内吸収率が高いので、貧血気味の人にもおすすめです。

成長期に重要な成分・亜鉛

亜鉛は血行促進の効果があり、血の巡りを良くします。
たんぱく質と合わせる事で新陳代謝が活性化して疲労回復を促進します。他にも免疫力の向上効果もあり、成長期の子供には亜鉛は必要な栄養素です。

身体を温めて緊張をほぐす高麗人参

身体を温める効果や疲労回復や新陳代謝の活性化を促すサポニンが多く含まれています。
血行をよくして冷えを改善したり、緊張をほぐしてリラックスする効果もあるので、眠る前のサポートに効果的な成分です。

キリツテインがいいのは分かったけど飲むタイミングは?

キリツテインに含まれている成分について、様々な効能を挙げましたが

「キリツテインのことはわかったけど、飲むタイミングは?」
と思いますよね。

キリツテインを服用するのは、大体寝る一時間前にキリツテインを飲むことで、リラックス効果と入眠作用により、スムーズに眠ることができます。

しかし、キリツテインは睡眠薬ではないので、即効性はなく効き目も穏やかです。
一回服用したからといって、すぐ睡眠障害が改善するわけではありませんし、続けて服用することが肝心です。

服用する上での注意点

キリツテインに含まれているL-テアニンは、副作用がないため過剰摂取しても問題はありませんが、薬の作用を強めてしまうことがあります。
テアニンは血圧を下げる効果があり、もしも他に降圧剤などのお薬を服用している人はその作用を強めてしまう場合があるので、服用されている方は注意が必要です。

睡眠サプリ「キリツテイン」まとめ

  • キリツテインは寝つきが悪い人やストレスで眠れない人にお勧め
  • キリツテインに含まれているL-テアニンはリラックス効果があり、睡眠の質を良くしてくれる
  • L-テアニンの他にもヘム鉄・亜鉛・高麗人参等の不眠をサポートする成分も配合
  • 睡眠薬ではないため、副作用はなし
  • ただし、L-テアニンは血圧を下げる効果があるため降圧剤を服用している方は控えたほうがいい。

キリツテインは、布団に入ってからもリラックスできないという人に特におすすめです。
寝入りの良さや睡眠の質がよくなることで、脳と身体が休まって疲労が回復すれば、体内時計も整い、朝起きる事が楽になりやすくなります。
目覚めがいいと、午前中でも頭がしっかり覚醒しているため、勉強や仕事に集中できるため、日ごろしっかり眠れていても日中頭がぼーっとしてる人や集中力が続かないという人にもキリツテインはおすすめできる睡眠サプリだといえます。

睡眠障害を改善!【キリツテイン】の詳細を見る 
キリツテイン

朝起きられるようになるには~不眠に有効な成分~

睡眠は精神面と身体に深くつながっています。
精神面が不安定だと身体はすぐその刺激に反応して睡眠に影響を及ぼします。

不眠に効果のあるL-テアニンが配合されているキリツテインがお薦めです。
キリツテインのサイトを見る

睡眠障害を解消する方法~メラトニンについて~

概日リズム障害や不眠症などの睡眠障害の原因のひとつとしてメラトニンが関係していると言われています。

メラトニンとは、覚醒と睡眠を切り替える作用や、自然な眠りを誘う働きをする睡眠ホルモンです。
メラトニンは光を浴びると、脳の中の体内時計が進み身体が活動状態に切り替わります。
目覚めてから12時間くらい経過すると体内時計が再び切り替わり、休息に適した状態に変わり眠気を感じるになるという仕組みです。

寝る前にスマホは見ない

よく、スマホやタブレットを夜に見るのがダメだと言われているのは
夜中に強い光(ブルーライト)を浴びると体内時計が乱れてメラトニンの分泌が抑えられるからです。スマホやタブレットなどの強い光によって、睡眠のリズムが崩れる原因となります。
YoutubeやSNS等娯楽が多い現代では、何かとスマホに依存しがちですが
寝る数時間前には、出来るだけスマホやタブレット、パソコンを見るのは止めましょう。

睡眠を誘う神経伝達物質

またセロトニンというメラトニンの材料となる物質があり、セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質です。
セロトニンは不足すると気分が滅入ったり、暴力的になったり、鬱っぽくなったりします。不登校のお子さんは太陽を浴びる機会が減るので
セロトニンが不足し、それが不眠につながる可能性があります。

そして、このセロトニンの原料となるのがトリプトファンという物質です。
トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、主に食品のたんぱく質に含まれ、体内に入って脳に運ばれるとセロトニンに変化します。
そしてセロトニンは夜になると「睡眠ホルモン」であるメラトニンに変化して眠気を誘導します。

このように睡眠不足解消の基本として

トリプトファンセロトニンメラトニンという流れが重要です。

睡眠障害改善サプリメント

最近は、不眠症の治療としてメラトニンをサプリメントとして取り入れることで
故障した体内時計に働きかけ、不眠症や、概日リズム障害等の症状の改善の助けになっていると言われています。

メラトニンの他にも、必須アミノ酸を含むセロトニンなどの食事だけでは補えない方や、食事として摂っても改善されない方は
睡眠サプリを試してみることもおすすめします。

リラックス効果が期待できるL-テアニン

体内時計を調整するメラトニンの他にも、身体の緊張状態をほぐしてリラックスするL-テアニンという成分も不眠の症状改善に期待ができます。
L-テアニンはアミノ酸の一種で、精神をリラックスする効果があります。
緑茶やウーロン茶等のお茶に多く含まれていて、お茶以外の食品には含まれていません。

L-テアニンは主に脳の興奮を抑えて沈静化する作用があり、お茶を飲んで気持ちがホッとするのは、L-テアニンの効果だとされています。
就寝前にL-テアニンを摂取することで副交感神経が働き、寝つきがよくなったり、夜中起きることがなくなった等の改善に効果が期待できます。

睡眠サプリ「キリツテイン」にはリラックス効果のある「L-テアニン」が220mg含まれています。
同じく「L-テアニン」が含まれているお茶でも同様のリラックス効果はありますが、お茶には覚醒効果のある「カフェイン」が含まれているため、不眠改善にはお薦めできません。

「キリツテイン」には「L-テアニン」が含まれている他にも、より良い睡眠改善を図るために

鉄分不足を解消する、ヘム鉄
疲労回復を促進する、高麗人参
うつ状態を緩和する、亜鉛

が含まれています。

リラックス効果と睡眠の質を高めてくれる「L-テアニン」と、そのサポートとして睡眠のめぐりを良くする成分がキリツテインには含まれているので
寝付きの悪い夜・朝、目覚めが悪い方は、お手軽にサプリメントとして摂取できる「キリツテイン」を利用してみるのも1つの手段です。

睡眠の質を高め睡眠のめぐりを良くする「キリツテイン」はこちら

キリツテイン

【不登校】睡眠障害で悩む子供に対してどう接するべきか?

不登校の子供の多くに「朝、起きられない」などの睡眠障害が見られるのは何故でしょうか?
原因のほとんどは心因性のものが多く見られます。

思春期の子供は人生の中でも最も多感な時期で、学業の進路や友人関係、クラスの行事、部活動などめまぐるしい学校生活を送っています。
特に現代社会ではスマホやYouTubeなどの娯楽による誘惑も多く、夜にきちんと就寝するのが難しくなっているのかもしれません。
そのような環境の中で、友人関係によるいじめや学業についていけなくなると、学校に行きにくくなるというような悪循環になってしまいがちです。
心のなかでは「学校に行かなくちゃいけない」という気持ちになっても、それが心の負担になり、不眠が悪化して朝起きることが困難になって不登校の最初のきっかけになることが多いです。
学校以外でも家族関係に問題がある場合や、ちゃんとした理由もない場合もあるでしょう。

このように不登校の原因は家庭環境や様々な要因と原因が小さな事柄によって複雑に絡まり成り立っていることがわかります。

不登校の子供に対しての親の対応

不登校や睡眠障害を持った子供に対して、大人はどういう風に接するべきなのでしょうか
重要なのは、行けなくなった原因よりも学校へ行けない自分自身に対して、子供は罪悪感を感じたり、プレッシャーを感じて自分を責める子がたくさんいるということです。

両親としては朝起きられない事や、学校にいけないことが、怠慢やサボっているのではないかと疑ってしまう事が多いと思います。
それを理由に、子供に学校にいくことを強要して厳しく責めたりしないでください。
朝起きることができない、学校に行けない罪悪感を何より一番に感じているのは、子供本人だからです。
遊びで夜更かしをしている」のではなく、「眠れないから夜更かしをしている」のかもしれません。
その違いを見極める必要があります。

もしも、子供が学校に行けない理由、行かない理由がちゃんと特定しているのならば、大人はその問題を解決できるように子供と一緒に考える必要があります。
大人側も「朝起きることが普通」・「学校へ行くことが社会のルール」という気持ちを子供に強く押し付けず、子供の気持ちを理解して接してみることが重要です。
叱咤激励という名の強要をすることで、自責の念から悪循環に陥り、不眠や朝起きられないことが困難になるケースが多いのです。

不眠症が悪化しないうちにできること

子供の不眠(睡眠障害)が悪化して学校に行けなくなる前に、できることはないのでしょうか?

もしもお子さんに悩み事があったり疲れが溜まっているようなら、悩みをきいてあげたり、好きなことをさせてあげましょう。
夜に寝付きが悪くて眠れないときが続く場合は、携帯やスマホを見る時間を控えて、適度な運動を取り入れると気持ちもスッキリして寝付きが良くなります。
また、眠れないことについて具体的な症状があるならば、不眠で片付けるのではなく睡眠障害を疑って病院へ受信しても良いかもしれません。

まずは睡眠改善効果のあるサプリから試してみる

自分の子供が(若しくは自分自身が)睡眠障害ではないかと心当たりがあって、病院へ行くことに抵抗があるならば
まずはサプリから試してみることをおすすめします。
現在は、睡眠に有効な成分が摂れるサプリメントも数多く販売されています。睡眠サプリの「キリツテイン」もその1つで
睡眠の質を良くすると言われているL-テアニンが220mg配合されています。


L-テアニンが220mg配合の【キリツテイン】
キリツテインのサイトを見る

L-テアニンとは?

L-テアニンは玉露などのお茶に含まれているアミノ酸の一種で、身体の緊張を解いて「リラックスさせる」効果があると言われています。
実際にL-テアニンを摂取した時の脳波は、リラックスした時にしか出ないアルファ波が確認されていたと実験で明らかになっています。
お茶を飲んで気持ちがホッとしたりするのは、この「L-テアニン」の作用だったんですね。

人間の身体は、リラックスした状態になると、副交感神経を優位にさせて眠気を呼び起こします。
L-テアニンはリラックスさせる効果だけではなく、身体の倦怠感やだるさを軽減してくれる効果もあります。
医学誌の日本生理人類学誌では、L-テアニンは1日200mg摂取することが望ましいとされています。「キリツテイン」は一回で200mg以上摂取することができ、お茶では一杯あたり35mgしか摂取できないためどちらが効率的かは明らかです。
ちょっと気持ちが高ぶっていて眠れないという時や、不安で寝付けないというお子さんがいらしたら「キリツテイン」がおすすめです。

眠れない子供に対しての対応・最後に

不登校の子供に対しての対応で陥りがちなケースなのが、子供に学校生活を強要はしないが、特段不眠の対策や治療もさせず、言い方を変えると、子供をほったらかしにして昼夜逆転した生活を送らせた結果、睡眠障害が悪化してしまうというケースです。

学校登校を強要しないのびのび好きにさせる自堕落な生活をさせる ということではありません。

かといって、睡眠障害が治る不登校が改善する
と直結するわけではありませんし、登下校をさせるさせないかということは別にしても、寝つきが悪かったり不眠の症状が子供に見られた場合は今後の生活のためにも改善する必要があります。

まずは心身ともにストレスから解放させる努力をして、具体的な睡眠障害について思い当たる症状が見られたら、専門外来のある病院へ受診したり
こちらで解説したキリツテインを服用して不眠を改善して爽やかな朝を迎えましょう。

スッキリした朝を迎えられる「キリツテイン」はこちら
キリツテイン

【概日リズム】不登校生に多いと言われる起きられない病気、知っていますか?

不登校の子供に多くみられる睡眠障害の症状の多くは

 決まった時間に就寝・起床ができない。
 睡眠時間が後ろにずれて夜は眠れず、朝方眠くなる
 眠れないはずなのに一度眠ると10時間以上眠ってしまう

等、当てはまる方はいませんか?
思い当たる方は、概日リズム障害の可能性があります。

概日リズム障害とは?

概日リズム障害は特に不登校生に多いと言われています。
体内時計(=概日リズム)がなんらかの影響で狂う事によって、昼間の生活のサイクルが合わず、夜の決まった時間に寝たいのに眠れなかったり
朝決まった時間に起きることができず、社会生活をスムーズに送れないという睡眠障害のことをいいます。

また、概日リズム障害にも種類があり、症例によって名前も分別されていますが、特に不登校生に多いとされているものが睡眠相後退症候群と言われています。

睡眠相後退症候群の主な症状


睡眠相後退症候群は、概日リズム障害の症例のひとつで決まった就寝時間から入眠が数時間遅れてしまうことをいいます。
入眠が後ろにずれこみ、眠くなるころには深夜や明け方頃で、起床はお昼頃や夕暮れというパターンが多く、思春期の子供によく見られます。

夜更かしをしていたり、朝起きるのが弱かったりすると、単に夜型人間だと思い込みがちですが
日常生活をまともに送ることが困難にならば、それは単なる不眠症や夜型人間などではなく睡眠相後退症候群の可能性があります。

たくさん寝ても疲れがとれない…非回復性睡眠について

また特徴的なのが睡眠相後退症候群の患者は10時間以上寝る人が多い事です。
みんなが寝静まっている夜の時間はまったく眠れないのに、一度入眠すると、泥のように眠り続けて目が覚める頃には日が暮れてしまっていたというようなパターンが多く、それによって罪悪感を感じたりする子が多いですが、それは睡眠相後退症候群の症状の1つである可能性があります。

睡眠相後退症候群の人は10時間以上仮眠する傾向があるにも関わらず、睡眠の質が悪いためにいくら寝ても身体がだるく疲れがとれるどころか、疲れが溜まったような気持ちになったり
身体を動かす意欲もない、まるでうつのような状態になります。

このように、いくら寝ても疲労が回復しない質の悪い睡眠のことを 非回復性睡眠 といいます。


睡眠の質を高めるには【キリツテイン】

自力で治すことができない


睡眠相後退症候群という疾患において最もつらいことは、周囲の対応です。どうしても周囲からは眠れない事・起きられないことについて

早寝早起きは、自力でなんとかなる
朝起きられないことや、夜遅くまで起きているのは、ただの怠慢

と思われて本人は治そうとしてもうまくいかず「自分はダメな人間だ」と自責の念に駆られてしまいがちです。
睡眠相後退症候群は難治性の病気であり、自力で治せるようなものではありません。

すべての原因は脳のストレス


睡眠相後退症候群の原因は、人間の脳の中にある視床下部という場所に強いストレスや、負担がかかっているからと言われています。
なぜなら視床下部は、人間の体内時計を調節する役割があるからです。しかし、

  • 夜型中心による睡眠不足…夜型の生活習慣(インターネット・スマホ等)による睡眠不足
  • 過労によるストレス…休養を無視した塾や部活動などの多忙な生活
  • 抑圧された感情…学校生活などで自分を抑え込み、人の顔色を見ながら生活する

等の外的ストレスや生活習慣によって脳の休養が不十分となるために、視床下部に負担がかかり簡単に不眠などの症状が出てしまいます。
この症状を緩和させるためには、脳の休養が必要になります。

リラックス効果のあるL-テアニンを摂取する

睡眠相後退症候群は立派な疾患なので、治療をするには病院へ受診するのが適切ですが
睡眠相後退症候群の症状を緩和する方法の1つとして、「L-テアニン」を摂取することで、眠りやすくなることがあります。

L-テアニンとは?


L-テアニンはアミノ酸の一種で、玉露や抹茶などのお茶に含まれています。
L-テアニンは血液やリラックスできる神経(副交感神経)とつながっている脳関門を通過する性質があり、セロトニンなどの脳内伝達物質に作用する働きがあります。
人間は副交感神経が優位になると、身体がリラックスした状態になります。
脳関門を通過できるのはこのL-テアニンだけと言われていて、不眠にも効果的だといわれています。

L-テアニンを効果的に摂取できるサプリ キリツテイン

睡眠サプリ「キリツテイン」にはL-テアニンが配合されています。
L-テアニンは上記で記入したとおり、身体をリラックスさせる効果があるため、質の高い睡眠を摂ることができ、スッキリとした目覚めを期待できますが
L-テアニンは緑茶などのお茶や一部のきのこにしか含まれていない成分です。しかも、お茶には覚醒効果のあるカフェインも含まれていて、不眠を改善するためにはお茶を飲んでL-テアニンを摂取するよりも、キリツテインを飲んでL-テアニンを摂取したほうが効率的です。

また、睡眠サプリのキリツテインはL-テアニンが220mg配合されていますが、お茶にはL-テアニンは一杯あたり36mgほどしか含まれていません。
「リラックス効果」「睡眠の質を上げる」「寝付きをよくする」などの効果が欲しい場合は、200mg以上摂取することをおすすめします。
L-テアニンはいくら摂取しても上限量はなく「摂りすぎてしまう」ことはありません。

注意事項

ただし、L-テアニンには副作用はありませんが血圧を下げる効果があるためもしも降圧剤などを服用されている方は
薬の効果を強めてしまう場合があります。血圧が下がりすぎてしまう場合はL-テアニンを服用するのは控えたほうがよいでしょう。

睡眠についてのまとめ

  • 睡眠相後退症候群はただの怠慢などではなく病気の可能性が高く、自力で起きられなかったら疑ったほうがいいです。
  • 睡眠障害の原因は脳が働きすぎて負担がかかっている。脳の休養が必要。
  • L-テアニンは身体の緊張をほぐす作用があり、睡眠障害に有効。
  • L-テアニンを効果的に摂るにはキリツテインのサプリがおすすめ。
L-テアニンが220mg配合されている「キリツテイン」はこちら
キリツテイン